fc2ブログ

かんな・かぶら∞ぐるぶらの旅2023 その5(川の駅上野~道の駅オアシスなんもく)

道の駅上野を出発して、国道299号線を西に車で8分くらい進みます。今年の2月に訪問した「しおじの湯」との分岐の近くに目的地があります。

川の駅上野
川の駅上野①2310

上野村には、道の駅と川の駅があるんですね。こちらも、建物の裏側は神流川に面していて、吊り橋などがあり河川敷を散策できます。

直売所
川の駅上野②直売所館内2310

こちらにも、十石みそなどの上野村の特産品が並んでいます。

十石おやき
川の駅上野③十石おやき2310

特産のおやきや椎茸が販売されています。

いのぶたキーホルダー
川の駅上野④十石キーホルダー2310

カワイイ、いのぶたのキーホルダーがありました。名前は「うり坊」

木工芸品
川の駅上野⑤木工芸品2310

隣接する建物では、上野村の木材を使った木工芸品が展示・販売されています。

財布・名刺入れなど
川の駅上野⑥財布・名刺入れ2310

結構なお値段はしますが、使っているの味が出てくるかな。

上野村名物 塩焼き
川の駅上野⑦上野名物塩焼き2310

ここの名物はこちらです。かんな・かぶら∞ぐるぶらの旅スタンプラリーで来るときは、塩焼きを頂く事が多いです。

塩焼き
川の駅上野⑧売場2310

土日を中心に祝日などに営業しています。5年前の9月に訪れた時は、週末でしたが営業していませんでした。今年は、10月初旬でも営業しています。食べたかったですが、先ほどの道の駅上野で昼食を食べたばっかりでした。営業時間は事前にホームページやInstagram等で確認しておくといいかな。

川の駅上野を出発して、国道299号線から県道45号線を進みます。湯の沢トンネルを抜けると南牧村に入ります。こちらのトンネルの開通により、かんな・かぶら地域の移動距離が短縮されました。ただ、旧道沿いには塩ノ沢温泉があり、峠のうどん 藤屋さんがあったりします。

道の駅オアシスなんもく
道の駅オアシスなんもく①2310

川の駅上野からは20分くらいで到着しました。こちらの道の駅のある南牧村は、高齢化率が日本一高いとニュースになったこともありますが、認知症率は低く、住民同士の繋がりがあり、近隣の方の健康状態などを把握しているなんて調査結果も聞いたことがあります。最近では、若い世代が移住してくるなど、何かと話題になる南牧村です。

建物
道の駅オアシスなんもく②建物2310

こちらで農産物や加工品が販売されています。

パン
道の駅オアシスなんもく③パン2310

ここで販売されているパンは美味しいです。昨年の8月に訪問した時は「とらのこぱん」をお土産に購入しました。かつては「とらおのパン」が名物でしたが、こちらを作っていた中沢虎雄さんが、2021年7月にお亡くなりになりました。その後に、中沢さんが町に寄贈した窯や小屋を利用して、移住して来た方の協力により、2021年12月に「とらのこぱん」として販売を開始しました。しかし、昨今の原材料費の高騰や人材不足によって、今年の8月15日で販売を終了しています。

竹細工など
道の駅オアシスなんもく⑦竹細工など工芸品2310

鹿角を使った印鑑などの工芸品が並んでいます。

フリーマーケット
道の駅オアシスなんもく④フリーマーケット2310

飲食店や休憩所の入ると建物の前では、日曜日と言うこともあり、フリーマーケットが開催されています。

お食事処
道の駅オアシスなんもく⑤食堂2310

こちらのお食事処では、山菜うどんなどのメニューが頂けます。

南牧川
道の駅オアシスなんもく⑥南牧川2310

道の駅から南牧川を眺めることができます。河川敷に下りることもできるので、夏場は川遊びする方で駐車場が満車になることもあります。上信越自動車道下仁田ICからのアクセスがいいので、県外からもお客さんがきます。流石に10月初旬になると川遊びは水が冷たいです。

この先は、下仁田町の方に向かいます。

ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとして頂くと更新の励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

よっちゃん

Author:よっちゃん
群馬県在住の会社員です。休日は、趣味である、道の駅を巡る事に没頭しています。
いつか、日本全国の道の駅に行きたいです。道の駅を目指してどこまでも。

ランキング参加中

記事一覧(目次)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日本ブログ村(ランキング)